キラー デッドバイデイライト

【DbD】クラウンの基本能力、パーク、アドオンについて【デッドバイデイライト】

更新日:




クラウンの特徴

ハントレスに続き、本作2人目の飛び道具を使うキラー。

ハントレスとは違い能力自体に殺傷能力はなく、毒ガスで鈍足と視覚障害を与えサバイバーを追い詰める。

相手の逃げ道を塞ぐ戦法を得意とし、標準の足の速さ+サバイバーを鈍足効果を与えることによって、板を回る戦法や窓密集などの強ポジを苦としないチェイスに強いのが特徴。

クラウンの説明

(キャラ説明や背景を見たい方は下記ボタンをクリックしてください)

クラウンのキャラ説明、人物紹介はこちら

この場所の領域を区別する霧のヴェールを抜けて旅するうちに、初めて自分が一人でないことに気づいた。
何かが忘れられた脇道を渡ってきた。その明るい色彩は私達の間を霞ませる霧を通してでもはっきりと見える。

新しい、しかしどうしてか見覚えのある場所に出て初めてはっきりとそれが見えた。
馬のように見えるがもっと年老いていてひどい状態の何かに牽かれた的屋の幌馬車だ。

戸口に割れ目が入り、暖かい金色の光がこの荒れ果てた場所に漏れ出てくるのを私は木々の間から見ていた。
客を招いている意図があるような印象を受けたが、現れた人影はその正反対だった。
その衣装はサーカス団長とクラウンとその他のサーカス衣装のごちゃ混ぜだった。
その顔は戯画化した笑顔が締まりのない唇を横切る、ドーランで描かれた悪夢だった。
その腰にはどう見ても指にしか見えないもののコレクション。
そんな記念品を集めるのはどんな恐ろしい存在だろうか?

クラウンは新たな環境を見渡し、その凝視は私に向けられた。
口が裂けるほどの笑みを浮かべ、幌馬車に戻る前に私に会釈した。
彼は私よりもより注意のおろそかな獲物を好むのではないかと考え、私は己の幸運に感謝した。

As I journeyed through the foggy veils that demarcate the realms of this place, I saw that, for the first time, I was not alone.
Something traversed these forgotten byways,
its bright colors still clearly visible, even through the muting effect of the mist that roiled between us.

As we emerged into a new, yet somehow familiar, place, I saw it clearly for the first time:
a carney's caravan, pulled by something that appeared to be a horse but was, to my eyes, older and more terrible.

I watched from the trees as a crack appeared at the doorway and a warm, golden light spilled forth into this desolate place.
The effect was, I suspect, deliberately inviting, but the figure that emerged was anything but:
its costume a hodge-podge of ringmaster, clown and other fairground attire.
Its face was a nightmare in greasepaint, a caricature of a smile slashed across its flabby lips.
At its waist were a collection of what looked for all the world like fingers.
But what creature would be so monstrous as to collect such trophies?

The Clown surveyed its new surrounding and its gaze lit on me.
A rictus split its face in two and it nodded at me before returning to the caravan.
I suspect that it prefers its victims to be less aware than I, and I thanked the stars for that.

原文 - Dead by Daylight公式

クラウンの背景

1932年、ケネス・チェイスは難産の末に誕生したが、その時に母親を失った。
この出来事は彼と父親との間に埋まることのない溝を生むことになる。
ケネスが成長していくにつれ、父の恨みの感情と酒癖も悪化していった。
ケネスが学校に通う頃になると、二人はほとんど別々の人生を暮らし始める。

学業の面では、彼は凡庸だったが、運動能力は秀でていた。
身長が高く、力も強くなり、トラック競技を得意としていたが、
彼はどんなチームスポーツへの勧誘も拒み続けた。

学校からの帰り道、ケネスはよく地面に落ちている羽を見つけ、やがてコレクションを始め、
集めた羽を葉巻の箱に入れてベッドの下にしまうようになった。
父親は仕事に出ているか、酒で意識を失っているかのどちらかであるため、ケネスは何時間も一人で過ごしては、
羽の軸から生える羽毛の規則性や、唇に当てた時の柔らかい感触に魅せられていた。
庭のバードフィーダーにやってくる鳥を見ながら、彼はその鳥たちがどれだけ柔らかいのか想像し、一匹捕まえようと心に決めた。
ケネスは地元の歯科医に取り入り、麻酔薬を手に入れた。
自分の手で触れるように鳥を気絶させるために、彼はその麻酔薬を使ってフィーダーに罠を仕掛けた。

何度かの失敗の後、ケネスは一羽のロビンを捕獲した。
手の上に横たわる鳥…。その命は自分の意のままなのだ。 突然、彼は感情のほとばしりを感じた。
麻酔薬が切れた時、彼はそれを逃してやるつもりだった。
だが、目をピクピクさせて意識を取り戻したロビンがもがき始めた時、ケネスは握っている手の力を緩めなかった。
彼の指がロビンの喉の周りをゆっくりと締め付けていき、ついには胸の羽の動きが完全に止まってしまう。
ケネスは死骸を処分し、1本の羽だけとっておき、古い"偽り"のコレクションを捨てて、新しいコレクションを始めた。

1940年代の後半、ケネスは学校をやめ、地元の食堂で給仕として働き始めた。
そして、彼の獲物はリス、アライグマ、犬など、より大きなものへエスカレートしていき、
それぞれの麻酔薬の調節にも熟達していく。

1954年の前半、一人の若者が行方不明になり、町をひっくり返しての捜索が行われた。
その2、3か月後、家の床下で作業をしていたケネスの父が葉巻の箱を見つけた。
それをこじ開けて彼が見た驚愕の中身は、鳥の羽、動物の足…そして、人間の指だった。

仕事から戻った時、ケネスは父が葉巻の箱を持って床下から出てくるのを目にした。
彼は踵を返して立ち去り、二度と家には戻らなかった。

数週間、厳しい生活を続けた後、彼は旅回りのサーカス団に出会い、その並外れた力の強さからロープを扱う仕事を与えられた。
この時から、彼は新しい名前、ジェフリー・ホークを名乗るようになる。

突然、緊密な集団の中に身を置くことになった"ジェフリー"は社交することを覚えなければならなかった。
彼はまるで変装するかのように、新しい人格を身に着け、すぐに魅力的で頼りになる男として、新しい仲間に受け入れられた。

その後の10年間、ジェフリーはサーカス団の一員として、アメリカ中を旅した。
しかし、そのような巡業生活の弊害から、彼は悪癖に陥り始める。
酒、ジャンクフード、ドラッグ…彼はその全てに耽溺した。
しばらくの間、これらの悪癖は彼を満足させていたが、
やがてかつての衝動が戻り、放浪者としての彼の存在は、再び殺しを始めるための隠れ蓑となった。
ジェフリーはサーカス芸人の衣装とメイクを盗み、
変装を施して犠牲者たちに近づき、彼らを麻酔薬で眠らせて自分のキャラバンまで運び込んだ。
縛られてどうすることもできない犠牲者が目を覚ました時、ようやくジェフリーの楽しみが始まる。
彼らの叫び声に煽られるかのように、彼は精神的、肉体的に責め苦を与え、やがて彼らは夜の中に消え失せていく。

犠牲者の力が最も弱まった時、
ジェフリーは一番きれいな指を注意深く探し、一番おいしい指を見つけるために自分の舌の上に当てた。
最高の指を見つけると、彼はそれを手から切り落として、誇らしくコレクションに加え、死体は値打ちのない廃物として処分した。

老若男女…彼は選り好みしなかった。
良いコレクションの本質とは、多彩さであり、そのものにまつわる記憶や物語なのである。

彼が衣装を脱ぐことは徐々に少なくなっていき、同時にかつての自分も捨て去り、
道化師の人格を完全に本当の自分として受け入れるようになった。

そのうち、ジェフリーは不注意でぞんざいになった。
彼が酔っぱらって寝ている間に、一人の犠牲者が拘束を解き、助けを求めて叫びながら逃げ出した。
彼が目を覚ました時、サーカス団の者たちが彼に迫ってきていた。
彼は馬に鞭を打ち、彼のキャラバンは夜の中へ消えていった。

その後、彼は寄生虫のようにカーニバルやサーカスについて国内を放浪したが、
彼の名前が興行のビラに載ることは決してなかった。
彼は自分に近づく勇敢な(そして愚かな)者たちを罠にかけ、彼らが行方不明として捜索される前に、次の場所へと移っていった。

旅の途中のどこかで、ジェフリーはアメリカの普通の道路から外れ、霧のベールを潜り抜けて、新たな世界に足を踏み入れていた。
そこははかない無常の地であり、彼が選んだ人生には最適の場所だった。
かつて得たことのない自分の居場所に彼は野営を設置し、最初の訪問者を待ち受ける。

Kenneth Chase was born in 1932 by a difficult labour, which his mother wouldn't survive.
This event drove a rift between him and his father that never closed.
As the boy grew, so did his father's resentment, and his drinking habit.
By the time Kenneth was at school, they lived mostly separate lives.

Academically, he was unremarkable, coasting by on his significant athletic prowess.
He grew tall and strong, excelling at track events,
but shunned any attempts to coax him into team sports.

On his walk home from school, he would often find feathers on the ground and he soon began a collection,
keeping them in a cigar box under his bed.
With his father either at work or in an alcohol-induced stupor, Kenneth had hours to spend alone,
transfixed by the regularity of the feathers' barbs and the feeling of softness as he ran them over his lips.
Watching the birds that came to the feeder in his garden, he imagined how soft they must be and resolved to catch one.
He ingratiated himself with the local dentist, soon procuring some anaesthetic.
Using this, he rigged up a trap on the feeder, that he hoped would knock out a bird long enough that he could touch it.

After a few failed attempts, he managed to trap a robin.
As it lay in his hand, he felt a sudden rush, of a life at his mercy.
He had planned to release it once it recovered from the anaesthetic.
Instead, as its eyes flickered back into consciousness and it began to struggle, his grip remained firm.
His fingers slowly tightened around its throat, squeezing until its chest feathers were finally still.
He disposed of the body, keeping just a feather, with which he started a new collection, discarding the others as "fake".

By the late 1940s, Kenneth had left school and started working as a busboy at a local diner.
He had also escalated to larger prey, like squirrels, raccoons and dogs,
becoming skilled at customising the anaesthetic dosage for each.

In early 1954, a young man went missing and the town was turned upside down in the search.
A few months later, Kenneth's father, while doing some work in the crawlspace under the house, found a cigar box.
He broke it open and saw, to his horror, that it contained feathers, animal paws, and a man's finger.

Returning from work, Kenneth saw his father leaving the crawlspace with a cigar box in his hands.
He turned on his heel and never went home again.

After a few weeks of living rough, he encountered a travelling circus and, with his prodigious strength, was hired to work the ropes.
He assumed a new name: Jeffrey Hawk.

Suddenly surrounded by a close-knit community, "Jeffrey" had to learn to socialise.
He donned a new personality like a disguise, quickly becoming known as charming and helpful, and was welcomed into his new family.

Over the next decade, he stayed with the circus, travelling the length and breadth of the United States.
But, with the itinerant life providing few repercussions, he fell into bad habits.
Drinks, junk food, drugs, he indulged in all of them to excess.
For a time, these vices were enough,
but then his old urges returned and his nomadic existence became a cover for him to resume killing.
He stole clothes and make-up from performers,
fashioning a disguise that would let him get close to his victims before he anaesthetised them, bringing them back to his caravan,
where they would awake to find themselves bound and at his mercy.
He would finally get to have his fun, mentally and physically torturing them, their screams fuelling him, before being lost in the night.

Once their strength was at its lowest,
he would carefully examine their fingers, searching for the prettiest, running them over his tongue to find the tastiest.
Once he found the best, he would cut it from their hand and proudly add it to his collection, disposing of the rest of the body as pointless waste.

Men, women, young, old, he didn't care.
The essence of a good collection is in the variety, in the memories and stories they evoke.

He removed the costume less and less, shedding his old personality with it,
fully embracing the clown, his true self.

With time, he became complacent and sloppy.
A victim managed to work free of her bindings while he was sleeping off the drink.
She escaped, screaming for help, and he awoke to find the rest of the circus bearing down on him.
He whipped his horse and the caravan disappeared into the night.

Since then he has roamed the country, a parasite who could always be found at a carnival or circus,
but who would never be seen on any playbill.
He lured those brave, or foolish enough, to come near, trapped them and moved on before they could be found missing.

Somewhere along the way, he left the ordinary roads of the United States behind him, travelling through a veil of mist and entering a new realm.
It was a place of transience and impermanence, perfectly suiting the life he had chosen to lead.
Feeling more at home than he had in his entire life, he set up camp and waited for his first visitor.

原文 - Dead by Daylight公式


クラウンの基本能力

(武器)マダム・バタフライ

鳥の羽根を形としたバタフライナイフ。 血に染まった状態から古い愛用品だろう。
器用に回す様子から手に馴染む程、彼が拷問や収集を幾多にした事が伺える。

(能力)寸劇のトニック

薬瓶を構えた後、曲線上に投擲する。 初期の最大所持は4本。

溜める事で薬瓶を遠くに投げることができる。最大まで溜まると効果音と薬瓶が一瞬鈍く輝くのでそれを目安にしよう。

薬瓶を生存者に命中させると陶酔状態にして、作業行動を中断させる。

陶酔状態とした場合、生存者に以下の効果を与える。
・視界に異常をきたし、画面全体がぼやけて見え辛くなる
・咳を2秒間起こし、殺人鬼側は強調表示が見える。
・移動速度が15%低下する。(攻撃を命中させた際の加速は影響を受けない)

能力のメモ

 

・薬瓶は何かに当たると割れてしまい、ガスが放出して滞在する。

・生存者が薬瓶を命中・ガスの範囲内にいると陶酔状態にさせる。

・薬瓶の補充はいつでも可能。 1度で最大数まで補充(5秒)・その間移動速度減少。

クラウンの固有パーク「まやかし」「ピエロ恐怖症」「イタチが飛び出した」の説明

パーク名 効果
まやかし 窓を越える速度が5・10・15%増加する。
生存者に対しその窓を8・12・16秒間封鎖する。
封鎖される窓は1つのみで、別の窓を越えるとその窓が新たに封鎖する。
○レベル30以上でティーチャブルパークが出現
ピエロ恐怖症 心音範囲内の生存者の治療速度が30・40・50%低下する。
○レベル35以上でティーチャブルパークが出現
イタチが飛び出した 生存者をフックに吊るすと効果発動。
発電機を破壊行動した際、即座に修理進行率を25%後退させる。
毎回吊るした後から1台目の発電機の破壊行動のみ有効。
このパーク効果は40・50・60秒の時間制限がある。
○レベル40以上でティーチャブルパークが出現


クラウンのアドオン

アイコン 名前 説明
臭い中底
(Smelly Inner Soles)
リロード中の移動速度がわずかに増加する(+20%)。
コマドリの羽
(Robin Feather)
ボトルのクールダウンが僅かに減少する。
指無しパレードグローブ
(Fingerless Parade Gloves)
リロード時間が僅かに減少する(-1秒)。
エーテル5Vol%
(Ether 5Vol%)
陶酔の効果時間が僅かに増加する(+0.33秒)。
厚いコルク栓
(Thick Cork Stopper)
リロード時間がある程度減少する(-2秒)。
ねばねばしたソーダボトル
(Sticky Soda Bottle)
開始時に、ボトルを1つ多く所有する。
持ち運べるボトルの数が1つ増加する。
ムクドリの羽
(Starling Feather)
ボトルのクールダウンがある程度減少する。
溶剤の容器
(Solvent Jug)
陶酔した対象が30秒間、疲労となる。
灯油缶
(Kerosene Can)
陶酔した対象が30秒間、視覚消失となる。
VHSポルノビデオ
(VHS Porn)
リロード中の移動速度がある程度増加する(+35%)。
硫酸の瓶
(Sulphuric Asid Vial)
陶酔した対象が120秒間、重傷となる。
ブリーチのフラスコ
(Flask Of Bleach)
陶酔した対象がある程度余分に、鈍足のペナルティを受ける(+5%)。
エーテル10Vol%
(Ether 10Vol%)
陶酔の効果時間がある程度増加する(+0.66秒)。
クロロホルムのボトル
(Bottle Of Chloroform)
ボトルの効果範囲がある程度増加する。
派手なメイクアップキット
(Garish Make-up Kit)
ボトルの効果範囲がある程度増加する。
ボトルの効果時間がある程度増加する。
エーテル15Vol%
(Ether 15Vol%)
陶酔の効果時間が大幅に増加する(+1秒)。
葉巻の箱
(Ciger Box)
ボトルの効果範囲が僅かに増加する。
陶酔した対象の視界のぼやけが僅かに増加する。
安物のジンボトル
(Cheap Gin Bottle)
開始時に、ボトルを2つ多く所有する。
持ち運べるボトルの数が2つ増加する。
入れ墨男の中指
(Tattoo's Middle Finger)
陶酔した対象を6秒間可視表示する。
赤毛の小指
(Redhead's Pinky Finger)
ボトルが直接命中した生存者は、無防備となる。



おすすめ記事一覧

1

最近ボス装備の強化にはまっています。先週はベグのグローブ、今日は愚鈍な木の精霊の鎧を真Ⅳまで強化成功しました。ベグがスタック76、愚鈍はスタック105で完成しました。 こんな感じでさくさくとボス装備を ...

2

2019年9月4日のアップデートで「生活熟練度システム」が実装されました! 私も今回のアップデートから生活熟練度システムについて色々と調べてみましたが、最初は何が何だかわかりづらいですよね笑 なので、 ...

3

去年の10月くらいに30億突破したという記事を書きましたが、今年の5月始め頃に120億突破しました! 以前の記事→ 祝☆30億達成!ひめがやっている金策を紹介します 一応目標で100億突破するぞーいっ ...

4

新エリア「ドリガン」に新しい採集コンテンツが実装されましたね!専用の装備を使って採集できるんですが、最大でなんと1億シルバーで売ることができます。 私も普段は生活コンテンツをメインに遊んでいますが、こ ...

5

皆さま、釣り竿は何を使っていますか?黒い砂漠では様々な釣り竿がありますが、私は断然バレノス釣り竿推しです。 というのは、バレノス釣り竿の性能もそうなんですが、実は金策にも良いって知ってましたか? 私も ...

6

オクトーバーフェスや闇の精霊すごろくといった公式イベントや素材や道具売りを細々とやっていたら、今日30億達成しました! 以前に戦闘用ソサ子にダンデリオンデスサイズ真4、クザカ護符真3、ヌーベルタリスマ ...

-キラー, デッドバイデイライト

Copyright© 姫の冒険の書 , 2020 AllRights Reserved.