キラー デッドバイデイライト

【DbD】プレイグの基本能力、パーク、アドオンについて【デッドバイデイライト】

更新日:




プレイグの特徴

「黒死の吐瀉」といったゲロによる攻撃でサバイバーを苦しませて戦うキラー。

ゲロをかけて、感染レベルがマックスになると負傷状態になる。

また、感染した状態では普通の治療は出来ず、マップに配置された泉でその状態を解除することが可能。

ただし、治療した泉にプレイグが触れるとゲロが強化され、緑ゲロから赤ゲロに変化する。赤ゲロの状態だと、感染せずにダメージを食らうようになり、要は継続的に中距離攻撃が行えるようになるのでかなり脅威になります。

プレイグの背景

(キャラ説明や背景を見たい方は下記ボタンをクリックしてください)

プレイグのキャラ説明、人物紹介はこちら

7人家族の中で一番幼かったアディリスは、5歳の時、バビロン中心部にある浄罪の神殿の、赤レンガの焼け付くような階段に置き去りにされた。
神々の意思が介在しているのだと信じることで、アディリスはその衝動と悲しみを乗り越えようとした。
新しい生活はひっそりとした奴隷のような状態だった。 アディリスは庭園の手入れを行い、儀式の食事を準備し、儀式に使う香炉を磨いた。
夜になると、自らの存在理由を啓示してくれるであろう奇跡の出現を求め、神に祈った。

成人したアディリスは高位の司祭に随行し、水と創造の神である山羊座の、年に一度の礼拝に参列した。
大列柱室で吊り香炉を揺らすと、分厚い黒い煙が広がっていく。それは冷たくそびえ立つ、石の屋根にまで届き、散り散りになって消えた。
悩みが取り除かれ無上の幸福感を覚えたアディリスは、自分がこれまでになく神々に近づいたと感じた。
アディリスは来る日も来る日も身を粉にして働いた。自分の務めを果たす一方で新しい仕事を受け、浄化の儀式では司祭を補助した。

司祭はますます多くの助けを必要としていた。
神殿の高壁外からの求めにも応じるため浄罪は毎日行われたが、神殿の外では災厄をもたらす疫病が再び猛威を奮っており、数カ月もすると、司祭たちも疫病に罹患した。
間もなく司祭たちは衰弱し、儀式を執り行えなくなった。
唯一儀式を続けることができたのは、浄罪の儀式を何度も手伝っていたアディリスだけとなってしまう。
混乱が勢いを増すなか、たとえ自分が未熟な儀式者であったとしても、止めなくてはならない。

最初の儀式を前に不安になっていたアディリスは、司祭の聖所を訪ねる。
アディリスがロウソクに火を灯すと、奥のほうに狭い通路があることに気がついた。 その隙間を進むと、アディリスは聖所の地下に隠されていた穴蔵を発見した。
その部屋に何もなかったが、唯一、両腕を広げ、指に宝石を嵌めた黄金の女性像が立っていた。
それはアディリスがずっと待ち望んでいた奇跡であった。

信者で埋め尽くされた大広間にアディリスが入っていくと、全員が頭を垂れた。
アディリスは煉瓦作りの祭壇へと大股で歩いていき、銀で作られた儀式の短剣を握りしめた。ルビーの指輪を嵌めた指が、かぎ爪のように刃の周りを包み込む。
突如現れたその高貴な存在に信者は興味を惹かれる。信者はすでにアディリスの若さと美貌に目を見張っていた。

アディリスが創造の叙情詩の暗唱を始めると、背後にいた女性が気を失い、その場に倒れ込んだ。
アディリスが駆け寄ると、その女性の足を黒い水膨れが覆っていることに気がついた。
躊躇することなくアディリスは神聖な短剣を握り、自らの足に向けて振り下ろし、足の指を切り落とした。
アディリスは血に塗れた体の一部を神々に奉じ、その女性を守るよう神に祈りを捧げた。
信者の間に沈黙が広がる。信者たちはアディリスを新たな女司祭として崇めていた。

アディリスの富、美貌、そして献身の物語は疫病と同じくらい素早く街に広まり、間もなくして信者たちはアディリスをバビロンの女祭司長と呼ぶようになった。

だが、アディリスの信仰心は試されることになる。感染初期の兆候が現れたのだ。
痰と血の混じった咳をするようになり、首には発疹が吹き出して膿瘍ができ、指が四本となった足は黒ずみはじめた。
自らの容貌を恥じたアディリスは、ヴェールの付いた頭飾りを被りはじめ、疫病が原因の皮膚から漂う悪臭を隠すために吊り香炉を持ち歩いた。
助かる望みを捨てることなく、アディリスは儀式を続け、祝福の水や食べ物を信者たちに与えた。

しかし、どれほど儀式を執り行っても、アディリスの症状は回復しなかった。
躍起になり神への嘆願を試みる中、アディリスは街から姿を消した。
少数の信者を伴い北へ向かったアディリスは、冷たいウラルトゥの森林地帯を抜け、歩けなくなるまで旅を続けた。

一行が野営を行なったじめじめとした洞窟の中で、アディリスは自らの吐瀉物の中で横たわっていた。
黒変した足は腫れ上がり、これ以上遠くへ行くことはもはや不可能だった。
洞窟の中で、アディリスと信者たちは全員が疫病に感染していることを悟る。

アディリスは吐き気に苦しむ信者の中でひざまずくと、最後の祈りを捧げた。
湿った空気の中に立ち上る香の黒い煙を、冷たい風が吹き飛ばしていく。

アディリスの骸や信者の骸はどこにも見つからなかった。
多くの者がアディリスの帰還の物語を語ったが、バビロンの女司祭長に降りかかった運命は、誰も知らない。

When she was five years old, Adiris, the youngest of a family of seven, was left on the brick-red burning steps of the Temple of Purgation at the centre of Babylon.
To process her shock and sorrow, she held onto the belief that the Gods had a plan for her.
Her new life was one of quiet servitude. She would tend to the gardens, prepare ceremonial meals, and polish ceremonial incense burners.
At night, she would pray for a sign that would reveal her purpose.

When she came of age, she attended the high-ranking priests during the yearly worshipping of the sea-goat, the God of Water and Creation.
Swinging a censer down the great hypo-style hall, she cast thick black fumes that reached the cold towering stone pillars before dissipating.
Her worries lifted, and the resulting bliss made her feel closer to the Gods than ever.
She worked herself to the bone each day that followed, fulfilling her duties while taking on new ones, as she aided the priests during purification rituals.

The priests were more and more in need of assistance.
Cleansings were being performed daily to answer the demand from outside the high temple walls, where a catastrophic plague had resurfaced. Within months, the priests contracted the disease.
It did not take long before they became too weak to perform any kind of ritual.
Adiris, having assisted many purification rituals, was the only one able to carry on.
The swelling panic had to be contained, even if by a novice.

Anxious before her first ceremony, Adiris visited the priests' sanctuary chamber.
When she lit the candles, she noticed a narrow opening at the back. Sliding through the gap, she reached a crypt hidden under the sanctuary.
The chamber was bare except for the golden statue of a woman, who stood with outstretched hands, her fingers covered in jewels.
It was the sign Adiris had been waiting for.

The great hall was packed with followers who bowed down as Adiris entered.
She strode to the brick altar and grabbed a ceremonial dagger forged in silver, her ruby ringed fingers wrapping around the blade like claws.
The sudden display of luxury intrigued the followers, who were struck already by her youth and beauty.

As she began reciting the Epic of Creation, a woman at the back swooned and collapsed.
Adiris rushed to her and noticed the black blisters covering her feet.
Without hesitation, Adiris grabbed her sacred blade and swung it at her own foot, severing a toe.
Then she offered the bloody part to the Gods, asking them to protect the woman.
A silence fell over the followers, who revered Adiris as their new priestess.

Tales of her wealth, beauty, and devotion began to spread across the city as quickly as the disease. Soon, Adiris' followers called her the High Priestess of Babylon.

But her faith was tried when she showed the first signs of infection;
her cough became a mix of phlegm and blood, her neck erupted in abscesses, and her four-toed foot darkened.
Ashamed of her condition, she began wearing a veiled headpiece and carried a censer that masked the rancid smell of sick that clang to her skin.
Hoping to be saved, she kept performing the rituals, offering blessed water and food to her followers.

But no ritual could save her.
In a desperate attempt to appease the Gods, Adiris banished herself from the city.
She travelled north with a few followers, venturing through the cold woodlands of Urashtu, until it was no longer possible to walk.

They camped in a damp cave, where Adiris lay in a pool of vomit.
Her foot, which had turned black, was so swollen she could not go any further.
Her followers and she realised the truth in that cave: they were all infected with the plague.

Kneeling among her retching followers, Adiris made one last prayer.
The black fumes of incense rose into the damp air before being wiped off by a cold breeze.

Neither the body of Adiris nor those of her followers were ever found.
Many told tales of her return, but no one truly knew what fate had befallen the High Priestess of Babylon.

原文 - Dead by Daylight公式


プレイグの基本能力

(武器)冒涜の香炉

女司祭がかつて手入れをしていた庭園の甘い芳香を発する。

(能力)黒死の吐瀉

パワーボタン長押しでチャージ、ボタンを放すと胆汁が噴出する。

噴出量はチャージ時間に応じて、最大チャージでなくても噴出できるので、射程を意識して能力を使うようにしましょう。

通常の「黒死の吐瀉」は感染性の胆汁で、命中した生存者へ疫病を感染させる。また命中した環境オブジェクトも短時間汚染し使用した生存者へ感染させる。(発電機や窓、トーテムなど)

疫病感染の第1段階

疫病感染の第1段階ではときおり嘔吐する程度です。この状態の時は特に害はないです。

黒死の吐瀉をさらに浴びる・走る・アクションを行うと感染レベルが蓄積し、やがて第2段階へ移行する。

疫病感染の第2段階

第2段階では負傷状態となり度々嘔吐する他、生存者自身が感染源となり接触した他の生存者や環境オブジェクトへ感染させてしまいます。

例えば発電機を共同作業しようものなら、他のサバイバーも感染が始まってしまうので注意。

能力のメモ

・感染した生存者は綺麗な「献身の淀み」を使用すれば、疫病も負傷も全て除去が可能。

・「献身の淀み」は汚染され一旦再利用できなくなる。全ての「献身の淀み」が汚染されるとリセットされ全ての「献身の淀み」が綺麗に戻る。

・プレイグは汚染された「献身の淀み」から汚れを吸収して綺麗にすることができ、それにより「黒死の吐瀉」が一時的に「汚濁の吐瀉」へと変化する。

・「汚濁の吐瀉」には疫病の感染力は無いが、代わりに即座にダメージを与える。

プレイグの固有パーク「堕落の介入」「伝播する怖気」「闇の信仰心」の説明

パーク名 効果
堕落の介入 儀式開始時に、殺人鬼から一番離れた位置にある3発電機がエンティティによって80・100・120秒間ブロックされる
その間、生存者はブロックされた発電機の修理ができない
○レベル30以上でティーチャブルパークが出現
伝播する怖気 殺人鬼が生存者を瀕死状態にした時、殺人鬼の脅威範囲内にいる生存者全員が叫び声をあげ、4・5・6秒間殺人鬼に位置が通知される
○レベル35以上でティーチャブルパークが出現
闇の信仰心 開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与する
オブセッション状態の生存者へ通常攻撃を命中させると、20・25・30秒間オブセッション状態の生存者が32mの心音を持つようになる。その間は殺人鬼の脅威範囲がゼロになる。
その間,オブセッション状態の生存者にはその生存者自身が出す心音が聞こえる
○レベル40以上でティーチャブルパークが出現


プレイグのアドオン

アイコン 名前 説明
祈りの石板片
(Prayer Tablet Fragment)
献身の淀みの発動時間(能力強化の動作)が少し減少する(-0.4秒)。
汚濁の吐瀉を行っている状態での移動速度が少し上昇する。(+0.1m/s)
オリバナムのお香
(Olibanam Incense)
黒死の吐瀉のチャージ中の移動速度が少し上昇する(+0.3m/s)。
石灰岩の印章
(Limestone Seal)
オブジェクトの感染時間が少し増加する(+5秒)。
治癒の軟膏
(Healing Salve)
黒死の吐瀉のクールダウンが少し減少する。(-25%)
予防のお守り
(Prophylactic Amulet)
汚濁の吐瀉の持続時間が少し上昇する(+4秒)。
強力チンキ
(Potent Tincture)
黒死の吐瀉のクールダウンがそこそこ減少する。(-40%)
赤鉄鉱の印章
(Hemetite Seal)
オブジェクトの感染時間がそこそこ増加する(+10秒)。
催吐薬
(Emetic Potion)
黒死の吐瀉の効果が少し上昇する。(+25%)
祝福のりんご
(Blessed Apple)
献身の淀みが1つ汚れた状態で儀式を開始する。
マッサージ用オイル
(Rubbing Oil)
黒死の吐瀉のチャージ速度がそこそこ上昇する(-0.8秒)。
感染催吐薬
(Infected Emetic)
黒死の吐瀉の効果がそこそこ上昇する。(+50%)
香る軟膏
(Incensed Ointment)
黒死の吐瀉のチャージ中の移動速度が少し上昇する(+0.3m/s)
黒死の吐瀉のクールダウンがそこそこ減少する。(-40%)
退魔のお守り
(Exorcism Amulet)
汚濁の吐瀉の持続時間がそこそこ増加する(+6秒)。
灰色のりんご
(Ashen Apple)
献身の淀みが1つ汚れた状態で儀式を開始する。
オブジェクトの感染時間が少し増加する(+5秒)。
崇拝の石板
(Worship Tablet)
祈りの淀みの発動時間(能力強化の動作)がそこそこ減少する(-0.7秒)。
汚濁の吐瀉中の移動速度がそこそこ上昇する。(+0.3m/s)
穢れの吐剤
(Vile Emetic)
黒死の吐瀉の効果がかなり上昇する。(+75%)
切断された足の指
(Severed Toe)
生存者が行動している時の病気の進行速度がかなり上昇する。
※ゲーム内の表記と異なるので注意。
走っている間、修理・治療などを行っている間の進行速度が50%増加
狂信者のお守り
(Devotee's Amulet)
汚濁の吐瀉の持続時間がかなり増加する(+8秒)。
玉虫色の印章
(Iridescent Seal)
汚濁の吐瀉の状態での移動速度がそこそこ減少する。(-0.3m/s)
汚濁の吐瀉の持続時間がとてつもなく減少する(-20秒)。
発電気が完成するたびに、黒死の吐瀉が汚濁の吐瀉になる。
黒のお香
(Black Incense)
嘔吐した生存者のオーラが5秒間見えるようになる。



おすすめ記事一覧

1

最近ボス装備の強化にはまっています。先週はベグのグローブ、今日は愚鈍な木の精霊の鎧を真Ⅳまで強化成功しました。ベグがスタック76、愚鈍はスタック105で完成しました。 こんな感じでさくさくとボス装備を ...

2

2019年9月4日のアップデートで「生活熟練度システム」が実装されました! 私も今回のアップデートから生活熟練度システムについて色々と調べてみましたが、最初は何が何だかわかりづらいですよね笑 なので、 ...

3

去年の10月くらいに30億突破したという記事を書きましたが、今年の5月始め頃に120億突破しました! 以前の記事→ 祝☆30億達成!ひめがやっている金策を紹介します 一応目標で100億突破するぞーいっ ...

4

新エリア「ドリガン」に新しい採集コンテンツが実装されましたね!専用の装備を使って採集できるんですが、最大でなんと1億シルバーで売ることができます。 私も普段は生活コンテンツをメインに遊んでいますが、こ ...

5

皆さま、釣り竿は何を使っていますか?黒い砂漠では様々な釣り竿がありますが、私は断然バレノス釣り竿推しです。 というのは、バレノス釣り竿の性能もそうなんですが、実は金策にも良いって知ってましたか? 私も ...

6

オクトーバーフェスや闇の精霊すごろくといった公式イベントや素材や道具売りを細々とやっていたら、今日30億達成しました! 以前に戦闘用ソサ子にダンデリオンデスサイズ真4、クザカ護符真3、ヌーベルタリスマ ...

-キラー, デッドバイデイライト

Copyright© 姫の冒険の書 , 2020 AllRights Reserved.