サバイバー デッドバイデイライト

【DbD】ウィリアム・ビル・オーバーベックの特徴やパークを解説しました!【デッドバイデイライト】

更新日:

ウィリアム・ビル・オーバーベックは危機的状況化で力を発揮するキャラクターです。一人だと発電機の修理速度が速くなるパークや殺人鬼が近くにいる状態でフック救出しても大丈夫になるパークがそろっています。

今回はそのビルの人物紹介や特徴、パークや解説などをしていきたいと思います。

ビルの人物紹介

(背景や人物紹介を見たい方は下記ボタンをクリックしてください)

ビルの人物紹介はこちら

ウィリアム・"ビル"・オーバーベックが戦いをやめて平和な暮らしを生きるには、ベトナム戦争への従軍が2度、片手いっぱいの勲章と膝いっぱいに刺さった破片、そして名誉除隊を受けることが必要だった。
しかし、彼はそんな人生は嫌いだった。

将来性がない仕事を転々とすること数十年、手術のため病院を訪れたビルは、目を覚ますと今までの世界が消え去ってしまったことを知る。
伝染病が、ただの人々を心無き殺人マシンに変貌させていたのだ。
彼がまず最初に行ったのは自宅への道を切り開き、軍の制服を身につけることだった。
彼は寂れたゴーストタウンや暗黒の森を突き進むうちに他の生存者を見つけ、共に感染者の群れから逃げ続けた。

最終的にビルは仲間の安全を守るために自らを犠牲にした。
彼の死体は見つからず、ついに"見捨てられた"(Left for Dead)。
彼が長年求めていたもの--戦うべき敵--を見つけたことは誰も知らない。

It took two tours in Vietnam, a handful of medals, a knee full of shrapnel,
and an honorable discharge to get William "Bill" Overbeck to stop fighting and try to live a peaceful life.

He hated it. After decades spent drifting aimlessly through dead end jobs,
Bill went in for a routine surgery and woke up to find the world he knew was gone.

A plague was turning normal people into mindless killing machines.
Naturally, the first thing he did was fight his way home and put on his uniform.
Making his way through rural ghost towns and pitch-black forests, he found other survivors, and together they fled from the infected hordes.

In the end, Bill sacrificed himself to ensure their safety. His body was never found.
Bill was left for dead. No one knows that he still has the only thing he ever wanted: an enemy to fight.

原文 - Dead by Daylight公式

ビルの解説

ビルはLeft 4 Deadに登場するキャラクターで、あちらの世界で仲間を助ける為に命を落としたがDbDの世界で目覚めたという設定です。

ビルの固有パークは危機的状況になると役に立つものばかりで、特におすすめなのが仲間を安全に救出できる「与えられた猶予」というパーク。

後程パークの説明で詳しく説明しますが、救助後に助けられた仲間がキラーから攻撃されても瀕死状態になりません。

フックの近くでずっと待っているキラーにも有効です。

その他にも強力なパークが揃っているのですが、どれも危機的状況にしか発動できないパークで、通常はただの元気なおじいちゃんなので注意してください。

ビルの固有パーク「置き去りにされた者」「与えられた猶予」「不滅」の説明

パーク名 効果
置き去りにされた者 生存者が自分一人になると発電機の修理速度が55・65・75%上昇するこの効果は修理が必要な発電機数分重複する(最高:275・325・375%)
○レベル30以上でティーチャブルパークが出現
与えられた猶予 心音範囲内でフック救助をすると救助された仲間へ効果発動。救助後の15秒間は攻撃を受けると瀕死の代わりに深手状態になる。10・15・20秒間自分を治療する時間を得る。もう一度攻撃を受けたり、深手のタイマーが切れると瀕死状態になる。
○レベル35以上でティーチャブルパークが出現
不滅 這いずり状態の自己治癒の回復速度を25・30・35%上昇する。更に1ゲーム中に1回だけ自力で這いずり状態から負傷状態へ回復可能。
○レベル40以上でティーチャブルパークが出現

置き去りにされた者

置き去りにされた者は、自分だけが生存している時、修理速度が大幅に向上する効果があるパークです。

しかし、現在の環境だとまったく使えないパークになってしまいました。

一人だけ生存しているということは、すでにハッチが出現してるということなので、発電機を修理する必要がまったくないからです。

これが二人だけ生き残った状態とかであれば良いんですけどね…アップデートに期待しましょう。

与えられた猶予

与えられた猶予は、心音範囲内でフックから救助したサバイバーが攻撃された時に一度だけ出血タイマーを付与するパークです。

英語で「Borrowed Time」というので、ボロタイと親しまれるほど優秀なパークで上級者に親しまれる有能なパークの一つでもあります。

主な運用方法は、キラーがフックから離れない場合、無理やり救助する時に使えます。

味方の生存率をあげることができるのでつけていくと喜ばれますし、自分にとっても救出ポイントとかもらえるのでおいしいですよね笑

パーク枠が余ってたら是非採用してみてください。

ただ、注意点として「心音範囲内でフックから救助した」という事なので、心音がならないレイスであったり、ピッグのしゃがみ状態とかでも反応しません。

不滅

不滅はダウン状態の回復速度向上とダウン状態から一度だけ復活できるパークです。

這いずり放置されたら、意表をついて回復できますよね。

また、決死の一撃などと組み合わせると更に効果的です。

オブセッションがついているサバイバーは、キラー自身のパークなどでつけてない限り、嫌な予感がしてあんまり担ぎたくないという状況になります。

そうすると必然的に這いずり状態になる状況ができるので、有効的にこのパークを使うことが出来ます。

まとめ

ビルは危機的状況で役に立つパークが揃っていますが、それ以外はただの元気なおじいちゃんなのでおとなしく発電機を修理したり、ゲームを少しずつ進めるイメージでプレイすればいいと思います。

しかし、採用率高めの「与えられた猶予」といったパークなどもあるので、育てる価値のあるキャラクターです。

チェイス用や隠密用のパークをゲットしてから、危機的状況時に使えるパークもあると便利なのでぜひ使ってみましょう!









-サバイバー, デッドバイデイライト

Copyright© 姫の冒険の書 , 2021 AllRights Reserved.