アイテム お役立ちコラム 黒い砂漠

【黒い砂漠】銀刺繍+1〜+5の作り方やスタック貯めについて

更新日:

銀刺繍の高い強化値を作るには、どれぐらいの目安が良いのだろうと悩まれている方は多いと思います。

私自身もシェフ服+4、職人の服+4を作り終えたところですが、普通の武器や防具などのスタック貯めと比べるとまた違った形になるのかなーと思います。

どうやってスタックを貯めたのか?どれぐらいのスタックが必要なのか?作るためには何が必要なのか?などをまとめていきたいと思います。

▼成功の秘訣は、数をこなすこと。その為に毎日服を量産できる体制に。

黒い砂漠の中では色々な装備を強化できますが、その中での生産服は、意外と強化しやすい分類じゃないかなーと思います。というのが、作る元になる銀刺繍自体がお手頃に揃えることができます。

他の装備であればボス装備などの修理する為の素材「記憶の破片」、+16以上の強化に必要な「凝縮された魔力のブラックストーン」だったりが必要です。更にアクセサリー強化であれば1個1億相当のものを使ったりします。

それに対し、銀刺繍の強化に関しては1着200k前後で用意でき、使うのはブラックストーンのみという良心的な感じで強化することができます。

なので、数をこなすことができ、意外とさくっと作れる場合もあるので生産を中心に活動している人は是非頑張ってください!

次はどれぐらいの素材を用意すればいいのか、どうやって作成すればいいのかを具体的に説明していきます。

素材はどれぐらいあれば良いか?

私はこれまで銀刺繍シェフの服+4と銀刺繍職人の服+4を作成してきました。

実際これらを作るのに何着消化したかをメモしてあるので、それを参考にこの強化値はこの枚数が必要。だからこれくらいの素材が必要かを確認していきましょう。

スタックを調整しながら強化を進めましたが、出来る割合的に
・1を作るのに未強化が4着が必要(約47%)
・2を作るのに未強化と+1が4着必要(約27%)→未強化が17着必要
・3を作るのに未強化と+2が5着必要(約23%)→未強化が90着必要
・4を作るのに未強化と+3が4着必要(約25%)→未強化が364着必要

という感じです。計算間違っていたらすいませんが、多分最低限必要なのはこれぐらいになっています。なので、必要素材数は下記の通りになります。

強化値 必要材料
+1 布系×40
粉末、痕跡系×40
ブラックストーン粉末×60
+2 布系×170
粉末、痕跡系×170
ブラックストーン粉末×255
+3 布系×900
粉末、痕跡系×900
ブラックストーン粉末×1350
+4 布系×3640
粉末、痕跡系×3640
ブラックストーン粉末×5460

上記を参考に材料を集めてもらえたらよいと思います。私の場合は+3を8着ぐらい作ってから+4チャレンジするぞーという感じでやっていたので、多少多めに材料を消費したりしてます。


どうやって作成すればいいか、展開方法。

さて、次にどうやって銀刺繍を作っていくかを説明します。

自分がどういったペースで作りたいかにもよりますが、基本的には衣装製作所を1つ借りて、労働者が回すと30分ぐらいで1着できる計算です。

例えば平日は銀刺繍を作って、土日にまとめてやりたいなーという方は衣装製作所を1つ借りて、労働者に作らせておけば200着くらいは出来るので、別キャラや輸送を使ってストックしとくのも手です。

1日ごとに強化したいという方は衣装製作所を複数借りて動かせば、その分強化できる回数が増えますね。

色々と揃える必要がありますが、私が銀刺繍を作る場合は、
・カルフェオンに2つの衣装製作所を借りる
・職人労働者の熟練生活服製作スキル持ちをオルビアとカルフェオンに用意する
・オルビアとカルフェオンを拠点でつなぐ
・材料を各町に置く
・銀刺繍を作らせる
・作った銀刺繍はベリアに送って強化の準備を行う
上記のように作っています。

カルフェオンの熟練生活服製作スキル持ちを2体動かしてしまうとすぐに倉庫がいっぱいになってしまうので、他の町に分散させています。

倉庫状況にもよって、他の町でも応用が効くのでがっつり作り込みを行うという方は是非この状況を作ってください。

毎日300着ぐらいチャンスあるので、私はこの方法で+4の銀刺繍を4日で作成しました。

銀刺繍(生産服)必要なスタック数。スタックの貯め方

では、実際銀刺繍を作る時に必要なスタックはどれぐらいでしょうか。先ほどの表をもう一度見て確認してみましょう。

強化値 目安スタック数
+1 4
+2 10
+3 20
+4 44
+5 ?

という感じになります。

スタックの貯め方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

【黒い砂漠】スタックの正しい貯め方


(考察)頑張れば銀刺繍の服+5いけるんじゃない?必要性などを考える

さて、基本的に+4の銀刺繍の服があれば生産活動はかなり効率的に回せるようになりますが、もし+5の銀刺繍を作る場合だったらどうなるでしょうか。

+4まで大体20%前後で成功しているので、未強化で2000着あればいけるんじゃないかなーと考えています。

スタックは80を目安にやると良いのではないでしょうか。ここまでくると結構運になってしまうと思うので、成功する時は成功するし・・・みたいな感じになると思います。

単純に+5チャレンジする為に、未強化364着で一回と考えたら5回挑戦できますね。

ただ、そもそも銀刺繍+5の必要性はあるのかどうか気になるところです。

作るのであれば「シェフ服」「錬金服」「トレーナー服」

タイトルで書きましたが、+5の銀刺繍を揃えるのであれば「シェフ服」「錬金服」「トレーナー服」ですね。

他のものについては、基本的に取得経験値が上がるだけで、その生産レベルをあげてもあまり意味がないからです。

ただ上記3つの銀刺繍に関しては、かなり効果的ですね。

銀刺繍シェフの服

銀刺繍シェフの服+5の効果は「移動速度4段階上昇、料理経験値増加 30%、料理時間減少 7秒」

料理時間が基本10秒なので、これだけで3秒料理ができますね。

例えばこれにするどい生命の錬金石+テフサンドイッチで1.9秒短縮なので、どのキャラでも1.1秒料理ができます。

全キャラの料理レベルを上げることにより、名声レベルが上がり、毎日家名報酬をもらう。

料理の昇級クエを爆速で行えるので、堅い黒結晶、先の尖った黒結晶を手に入れる。

料理・錬金を素早く大量生産して、皇室納品やアイテム取引所で儲ける。色々方法はありますね。

銀刺繍錬金の服

銀刺繍錬金の服+5の効果は「移動速度4段階上昇、錬金経験値増加 30%、錬金時間減少 7秒」

基本料理と同じですが、料理の場合は課金アバターでクリナリアンというのがあり2秒短縮を行うことができます。

それに対し錬金は課金服がないので、銀刺繍錬金の服+5がないと1.1秒錬金はできません。

なので、+5を作るのであれば一番これがおすすめではないでしょうか。

以前は錬金には課金服がなかったのですが「ファビラ衣装セット」というのができたおかげで、料理と同じように1.1秒錬金が可能になりました。(3周年オフイベのアンケート要望が通りました笑

ただ、+5を作るのであれば錬金服はまだまだおすすめです。理由としては、料理道具と違い錬金道具の作る材料が多いから。

材料の一つ丸太を例にあげると、中級料理道具は丸太10個に対し、中級錬金道具は25個。なので、2.5倍も材料を集めないといけなくなります。

なので、限界まで錬金時間の短縮をして「バレノス伝統錬金術道具(1回/15秒、耐久500)」などを使うと材料が少なく錬金を回せるので、一番おすすめは変わらずという感じです。

銀刺繍トレーナーの服

銀刺繍錬金の服+5の効果は多分ですが「馬経験値増加 30%」だと思います。

最近私も馬育成をはじめましたが、生活レベルではなく馬に経験値が30%入るというのは結構でかいです。

まとめ

・強化値の高い銀刺繍が欲しいのであれば、銀刺繍を大量生産する準備をする。

・銀刺繍+4であれば、未強化銀刺繍が364着あればいける可能性はでかい

・銀刺繍+5は特定のものであれば、かなり有効。特に錬金服はおすすめ。



おすすめ記事一覧

1

最近ボス装備の強化にはまっています。先週はベグのグローブ、今日は愚鈍な木の精霊の鎧を真Ⅳまで強化成功しました。ベグがスタック76、愚鈍はスタック105で完成しました。 こんな感じでさくさくとボス装備を ...

2

去年の10月くらいに30億突破したという記事を書きましたが、今年の5月始め頃に120億突破しました! 以前の記事→ 祝☆30億達成!ひめがやっている金策を紹介します 一応目標で100億突破するぞーいっ ...

3

新エリア「ドリガン」に新しい採集コンテンツが実装されましたね!専用の装備を使って採集できるんですが、最大でなんと1億シルバーで売ることができます。 私も普段は生活コンテンツをメインに遊んでいますが、こ ...

4

皆さま、釣り竿は何を使っていますか?黒い砂漠では様々な釣り竿がありますが、私は断然バレノス釣り竿推しです。 というのは、バレノス釣り竿の性能もそうなんですが、実は金策にも良いって知ってましたか? 私も ...

5

オクトーバーフェスや闇の精霊すごろくといった公式イベントや素材や道具売りを細々とやっていたら、今日30億達成しました! 以前に戦闘用ソサ子にダンデリオンデスサイズ真4、クザカ護符真3、ヌーベルタリスマ ...

-アイテム, お役立ちコラム, 黒い砂漠

Copyright© 姫の冒険の書 , 2018 AllRights Reserved.