キラー デッドバイデイライト

【DbD】リージョンの基本能力、パーク、アドオンについて【デッドバイデイライト】

更新日:

リージョンの特徴

無慈悲な殺人鬼の一団、新要素としてスキンを変えると見た目と性別も変わる特殊なキラー。

このキラーの能力は「愚連の狂乱」と力を使い、移動速度上昇やサバイバーと同様に窓や板を飛び越え可能といった能力を持ちます。

また、負傷させた敵の近くにいる無傷なサバイバーの位置を把握したりできるのでスピード感があるチェイスが可能。

ただし、愚連の狂乱は敵に攻撃しても一定時間経たないとダウンさせられない攻撃しかできないので注意。

負傷状態の生存者をダウンさせる際は「愚連の狂乱」を解除して攻撃しなければならないため、負傷後はほぼ能力無しキラーとなる。

リージョンの背景

(キャラ説明や背景を見たい方は下記ボタンをクリックしてください)

リージョンのキャラ説明、人物紹介はこちら

19歳のフランク・モリソンは、何かで成果を出したことはほとんどなかった。
観客席に審判を押しのけたことでバスケットボールチームをクビになると、学校も不登校になってしまった。
明るい未来を築く見込みのあるフランクだったが、子供の頃は暗い少年時代を過ごした。
6歳の時にカルガリーから連れ出されると、里親の家をたらい回しにされた。
何度も食ってかかり、癇癪をおこしては喧嘩をしたが、その度に新しい、知らない里親の家へと送られた。
最後の養父となったクライブ・アンドリュースが養子センターからフランクを連れ帰った時は、フランクにとって3年ぶりの引っ越しだった。
2人は7時間もかけてオーモンドにある小さなバンガローにたどり着いた。
それは2人で共に過ごした一番長い時間だったかもしれない。
クライブは福祉施設から受け取った小切手をバーで酒と交換するのに忙しかったからだ。

オーモンドはこじんまりとした寂れた町だった。人口6,000人の都市部から離れた町で、1年のほとんどが陰鬱な冬だった。
フランクは別の養父母を見つけようとあらゆる手段を尽くしたが、ある美しい少女との出会いによって気持ちが変わった。
ジュリーという名のその少女は、いつかオーモンドを出てマシな人生を送ると決めていた。
町の外から来たフランクを、ジュリーは外の世界へ出るために利用しようと考えた。
ジュリーが開いたパーティーに参加した時、来ていたのは皆年下で、フランクは簡単に好印象を与えることができていい気分になった。
パーティーでは、衝動的な性格で自慢屋のジョーイ、そしてジュリーの親友である内気で無邪気なスージーに出会った。

彼らはよく、オーモンド山にある廃墟となったロッジに出かけていった。
友達と共に過ごすことで、それぞれが毎日続くちっぽけで退屈な生活から逃避できた。
フランクにとっては、自分たちの経験不足を何か強力なものへと変えるチャンスでもあった。
毎晩のように酒を飲み歩いては大騒ぎし、自分たちの限界を試した。
暴行、破壊、窃盗。どれも週末には欠かさず計画した。
やがて、皆はフランクのあらゆる要求を実行するまでになった。 仮面をつければ、そこには限界など存在しなかった。
ある晩、フランクは自分がクビになった店を破壊するようジョーイにけしかけた。
彼らは閉店後の誰もいない店内にたやすく侵入した。
ところが、まだ店に残っていた清掃員がジュリーに気がつき、近づいたとたんに捕まえた。
ジュリーの苦しそうな叫び声を聞いて黒い衝動に突き動かされたフランクは、助けようとナイフをためらいなく清掃員の背中に突き刺した。

フランクはショック状態に陥って自分を見つめる仲間に向かって、仕事を終わらせろと命令した。
ジョーイは歯を食いしばってナイフをつかみ取り、流血する清掃員の脇腹を刺した。
スージーが拒否すると、フランクが怒鳴りつけた。 始めてしまったことは終わらせなくてはならない。
ジュリーは目を閉じてその男の胸にナイフを突き刺し、血で濡れたそのナイフをスージーに手渡した。今や全員が共犯者なのだ。
フランクは不信の眼差しでジュリーを見るスージーの震える手をつかみ、そのまま男の喉にナイフを深く差し込んだ。
フランクは急げと命令した。 彼らは血塗れの床にモップをかけ、ジョーイの車のトランクに死体を押し込むと、オーモンド山へ向かった。

4人が全員で死体を捨てようと泥まみれの雪を掘っていたその時、フランクが森を移動する何かに気づいた。
フランクはナイフをつかんで仲間の元を離れ、様子を見に向かった。
すると、周りに濃い霧が立ちこめ、あっという間に先が見えなくなった。
足跡をたどって道を引き返そうとした時、フランクはまるで闇に呼び寄せられるかのように、その不気味な道を進んでいった。
ジュリー、スージー、ジョーイが掘る作業を終えると、フランクの姿がないことに気がついた。
ジュリーがくっきりと雪に残された泥の足跡を見つけると、3人は足跡をたどり、森の奥深くへと入っていった。
その夜、ジュリー、スージー、ジョーイが家に戻らなかったので、彼らの両親はフランクと一緒に家出をしたのだと考え、それぞれの両親がそれぞれの説を唱えた。
しかし、オーモンド山の廃墟のロッジで死体が発見されると、町の雰囲気は一転した。

Frank Morrison was nineteen and had little to show for it.
He'd stopped attending school after being kicked out of the basketball team for shoving a referee into the stands.
Yet Frank was a man of potential, who could light up a room despite his bleak childhood.
At six years old, he'd been taken away from Calgary to start a circuit of foster homes.
No matter how many times he'd lashed out, threw tantrums and got into fights, they'd kept moving him to new, unfamiliar houses.
His last move had been three years prior when his last foster dad, Clive Andrews, had picked him up from the adoption centre.
They'd been on the road for seven hours before reaching a small bungalow in Ormond.
It would be the longest time they'd spend together.
Clive was too busy trading cheques from Family Services for drinks at the bar.

Ormond was a small, stale place; a remote town of six thousand inhabitants where grey winters drag on for most of the year.
Frank did everything he could to get into another adoptive family, but he changed his mind when he caught the attention of Julie,
a beautiful girl who was convinced that she deserved better than a life in Ormond,
and Frank, as an outsider, was her ticket out.
Frank attended the parties she threw where everyone was younger than him and easily impressed, which he liked.
He met the impulsive Joey, who liked to show off, and the shy, naive Susie, who was Julie's best friend.

They would hang out at an abandoned lodge up Mount Ormond.
Their time together was the perfect break from the boring conformity of their small, insignificant everyday lives.
Frank saw it as an opportunity to shape their lack of experience into something powerful.
He lined up nights of debauchery and rampage, testing their limits.
Bullying , vandalism, and theft were essentially their weekend plans.
It came to a point where they would do anything he asked. Nothing was off-limits when they put their masks on.
One evening, Frank dared Joey to vandalise the store that had recently fired him.
They snuck inside easily enough, as the building was supposed to be empty after closing hours.
But a cleaner who was still there grabbed Julie as soon as she came near.
Hearing her stifled cries, a dark impulse took over Frank. He rushed to her aid, knife in hand, and without hesitating, planted the blade into the cleaner's back.

As the group stared at Frank in shock, he ordered them to finish the job.
Joey clenched his jaw, grabbed the knife, and stabbed the bleeding man in the ribs.
Susie didn't want to do it. Frank shouted at her; they had to finish what they'd started.
Julie closed her eyes and slid the knife into the man's chest. She handed the wet blade to Susie: they were all in this together now.
Susie stared at Julie in disbelief as Frank grabbed her trembling hands and inserted the knife deep into the man's throat.
Frank told them to move fast; they mopped the blood off the floor, stashed the body in the trunk of Joey's car, and drove up Mount Ormond.

All four were digging in the muddy snow to dispose of the body when Frank spotted something moving through the woods.
He grabbed his knife and broke from the group to check it out.
The Fog thickened around Frank, becoming so dense that he soon could no longer see ahead.
He retraced his steps and stumbled onto an ominous trail. He followed the eerie path, as if called by the darkness.
Julie, Susie, and Joey finished digging, but Frank was nowhere to be seen.
Julie spotted his muddy footsteps in the snow and the three of them followed the trail, which took them deeper into the woods.
When Julie, Susie, and Joey did not return home that night, their parents thought they'd run away with Frank. Each family came up with a different theory.
The mood in the town changed, however, when a body was found by an abandoned lodge up Mount Ormond.

原文 - Dead by Daylight公式


リージョンの基本能力

(武器)ハンティングナイフ

峰がギザギザの鋭い刃と滑り止め加工のハンドル。

(能力)愚連の狂乱

愚連の狂乱はゲージが最大の時に使用できる。

発動中、パワーゲージは急速に消耗しゲージが空になると能力は終了する。基本持続は10秒、チャージは最大20秒。

ゲージを限界まで使うと、通常より長い回復クールダウン時間が発生する。(ナースのブリンク後のスタンと同じ)

能力発動中の効果

・リージョンの走行速度が通常よりも上昇する(4.6m/s→5.00m/s)
・パレットの乗り越えができる(破壊は不可)
・生存者の足跡と血痕が見えなくなる
・攻撃を外した場合は能力が解除される

愚連の狂乱発動中、深手状態でない生存者を攻撃した場合

・深手状態のステータス付与(出血タイマー:30秒)
・負傷状態になる
・愚連の狂乱のパワーゲージが全回復する
・「殺人鬼の本能」が発動し、心音範囲内にいる深手状態ではない生存者を探知する事ができる。

能力のメモ

・愚連の狂乱が発動中、深手状態の生存者を攻撃した場合、殺人鬼のパワーゲージを全て消耗し、即座に能力が終了する。

・愚連の狂乱未発動の状態で生存者を殴るとパワーゲージが50%減る

リージョンの固有パーク「不協和音」「狂気の根性」「アイアンメイデン」の説明

パーク名 効果
不協和音 2人以上の生存者が同時に修理している発電機のオーラが8・10・12秒間黄色くハイライトされる
○レベル30以上でティーチャブルパークが出現
狂気の根性 3 生存者を運んでいる間、攻撃に失敗すると再攻撃待機時間が無くなる。
攻撃に成功すると運んでいる生存者のもがきゲージが2・3・4秒間停止する
○レベル35以上でティーチャブルパークが出現
アイアンメイデン ロッカーを開ける速度が30・40・50%上昇する。
ロッカーから出た生存者は15秒間無防備状態となり、4秒間位置が表示される。
○レベル40以上でティーチャブルパークが出現


リージョンのアドオン

アイコン 名前 説明
スマイリーフェイスのバッジ
(Smiley Face Pin)
愚連の狂乱中に殺人鬼の本能でハイライトされた生存者を攻撃すると、目くらましの効果が60秒適用される
傷のついた定規
(Scratched Ruler)
能力ゲージの回復時間が少し減少する。(-3.5秒)
いたずらリスト
(Mischief List)
愚連の狂乱の持続時間が少し増加する。(+1秒)
友情のブレスレット
(Friendship Bracelet)
殺人鬼の本能の探知範囲が少し広がる。(※2)
眠気覚まし薬
(Never-Sleep Pills)
殺人鬼の本能の探知範囲がそこそこ広がる。(※2)
壁画のスケッチ
(Mural Sketch)
愚連の狂乱の持続時間がそこそこ増加する。(+1.5秒)
ジュリーのミックステープ
(Julie's Mix Tape)
愚連の狂乱のクールダウンが少し減少する。(-0.2秒)
(解除時のスタンの短縮)
エッチングされた定規
(Etched Ruler)
能力ゲージの回復時間がそこそこ減少する。
落書きされたスマイリーバッジ
(Defaced Smiley Pin)
愚連の狂乱中に殺人鬼の本能でハイライトされた生存者を攻撃すると、重傷効果が60秒適用される
リージョンのバッジ
(The Legion Pin)
愚連の狂乱中に殺人鬼の本能でハイライトされた生存者を攻撃すると、衰弱効果が60秒適用される
スージーのミックステープ
(Susie's Mix Tape)
殺人鬼の本能の探知範囲がとてつもなく広がる。(※2)
盗まれたスケッチブック
(Stolen Sketch Book)
愚連の狂乱の持続時間がかなり増加する。(+2.5秒)
悪意の刃
(Nasty Blade)
生存者が深手を手当てするのに必要な時間がそこそこ長くなる。(+2秒)
ジョーイのミックステープ
(Joey's Mix Tape)
愚連の狂乱のクールダウンが少し減少する。(-0.4秒)
(解除時のスタンの短縮)
刺し傷の研究
(Stab Wounds Study)
すべての生存者の深手のタイマーがかなり減少する。(-5秒)
フランクのミックステープ
(Frank's Mix Tape)
愚連の狂乱の攻撃で,生存者の深手のタイマーがそこそこ減少する(-7.5秒)
汚れた刃
(Filthy Blade)
生存者が深手を手当てするのに必要な時間がかなり増加する。(+2.5秒)
冷たい泥
(Cold Dirt)
愚連の狂乱のクールダウンがかなり減少する。(-0.6秒)
(解除時のスタンの短縮)
玉虫色のバッジ
(Iridescent Button)
愚連の狂乱の使用中、
マップ全体が心音範囲となり、
また自分が乗り越えたパレットが即座に破壊されるようになる。「玉虫色のガラスに貪られた若者たちは、エンティティが及ぶ範囲を強化して広げる。」
煙を吐くミックステープ
(Fuming Mix Tape)
愚連の狂乱の使用中、発電機の修理進行度がオーラの強さで判別できる。



おすすめ記事一覧

1

最近ボス装備の強化にはまっています。先週はベグのグローブ、今日は愚鈍な木の精霊の鎧を真Ⅳまで強化成功しました。ベグがスタック76、愚鈍はスタック105で完成しました。 こんな感じでさくさくとボス装備を ...

2

2019年9月4日のアップデートで「生活熟練度システム」が実装されました! 私も今回のアップデートから生活熟練度システムについて色々と調べてみましたが、最初は何が何だかわかりづらいですよね笑 なので、 ...

3

去年の10月くらいに30億突破したという記事を書きましたが、今年の5月始め頃に120億突破しました! 以前の記事→ 祝☆30億達成!ひめがやっている金策を紹介します 一応目標で100億突破するぞーいっ ...

4

新エリア「ドリガン」に新しい採集コンテンツが実装されましたね!専用の装備を使って採集できるんですが、最大でなんと1億シルバーで売ることができます。 私も普段は生活コンテンツをメインに遊んでいますが、こ ...

5

皆さま、釣り竿は何を使っていますか?黒い砂漠では様々な釣り竿がありますが、私は断然バレノス釣り竿推しです。 というのは、バレノス釣り竿の性能もそうなんですが、実は金策にも良いって知ってましたか? 私も ...

6

オクトーバーフェスや闇の精霊すごろくといった公式イベントや素材や道具売りを細々とやっていたら、今日30億達成しました! 以前に戦闘用ソサ子にダンデリオンデスサイズ真4、クザカ護符真3、ヌーベルタリスマ ...

-キラー, デッドバイデイライト

Copyright© 姫の冒険の書 , 2020 AllRights Reserved.