サバイバー デッドバイデイライト

【DbD】アシュレイ・J・ウィリアムズの特徴やパークを解説しました!【デッドバイデイライト】

更新日:

アシュレイ・J・ウィリアムズは、プラッター映画・TVドラマ「死霊のはらわた」シリーズの主人公で、パークは原作を意識して「ピンチをチャンスに変える」パークで構成されています。

今回はそのアシュレイの人物紹介や特徴、パークや解説などをしていきたいと思います。





アシュレイの人物紹介

(人物紹介を見たい方は下記ボタンをクリックしてください)

アシュレイの人物紹介はこちら

週末を友人と一緒に山小屋で過ごしていたアシュレイ・J・ウィリアムズは、ネクロノミコン・エクス・モーティス(死者の書)を発見し、森に潜む闇の者を呼び覚ましてしまう。
アッシュは悪霊に取り憑かれてしまった友人を殺さなくてはならなかったばかりか、呪われてしまった自分の右手をも切り落とす羽目になった。
それから30年もの間過去から目を背いていたアッシュは、量販店のバリュー・ストップで働き、場末のバーで女性を口説き落とすという日々を送っていた。
ある夜、ハイになったアッシュは、女性の気を引こうとして死者の書の一説を読み上げてしまう。
再びアッシュを見つけた悪霊は、アッシュの周囲の人間も巻き込んで大混乱を引き起こし始める。
だが、祈祷師に育てられた同僚のパブロと、デッダイトのせいで孤児となったケリーは、アッシュに協力して悪霊と戦う。
悪霊たちとの戦いの中で、長年音信不通だった娘ブランディと再開したアッシュ。ブランディに背中を押されたアッシュは、人類の救世主という自分の使命を受け入れる。
完全に姿を表した悪魔との壮絶な戦いの後、アッシュは最後の息を引き取り、シュメール騎士団の手で未来へと送られた。

何者かの声で目を覚ましたアッシュ。頭がズキズキする。
1週間前にデッダイトの集団を蹴散らしてからというもの、二日酔いの症状が続いていた。
再び声が聞こえる。官能的で魅力的な女性の歌声だ。

ボクサーパンツ姿のまま廊下に出たアッシュが声のする方に歩いていくと、そこは公共のロッカー室だった。
ドアを開けると歌声がやみ、カーテンの揺らめく音がする。
アッシュが呼びかけながら更衣室に入っていくと、カビの生えたタイル壁にアッシュの声が響き渡る。
そのまま歩いていくと、シャワーからはまだ水が垂れ落ちていた。 その時、冷たく濡れた何者かの指がアッシュの裸の背中に触れ、下に向かって動いていく。
アッシュは振り向いた。

そこには全裸の女が立っていた。女の肌が高い窓から差し込む朝日を浴びてきらきらと光っている。
その女が誰かはすぐに分かった。高校時代に親密な関係にあったリンダ・エメリーだ。
その30年後、2人は故郷を邪悪な者から救い、よりを戻したのだったが、その後すぐに2人の関係は終わった。
故郷の救世主になり、新たに人気者となったアッシュは自由に自らの人気を満喫したかったのだ。

リンダはアッシュにウインクし、アッシュは2人の間の距離を縮めた。 アッシュはリンダのほおを物欲しそうに撫でた。
彼女はここで何をしている?自分の娘の居場所について知っていたのか?パブロとケリーは?

鋭い刃物がアッシュの手に突き刺さり、アッシュは思わず後ろに飛び退いた。
リンダは指を刃にすべらせ、アッシュの血を指先に集めた。
リンダは笑みを浮かべ、その肌に皺が寄る。リンダの髪はハリを失い、肩が前かがみになってくびれはたるみ、一瞬のうちに数十年分も老いた。
リンダの攻撃を、半裸の状態のままアッシュはかろうじて防いだ。

攻撃されるたびに新たな傷が増えていく。 調子の悪い膝を切りつけられ、アッシュは床に崩れ落ちた。
リンダがアッシュの上に飛びかかると、アッシュは苦しそうに悲鳴をあげ、リンダが握りしめていたナイフを叩き落とした。
リンダの異常に膨らんだ手が首に巻きついて締め付けてくる。
息も絶え絶えに喘ぎながらもアッシュは腕を伸ばし、その手がソープディスペンサーに届いた。
石鹸の液体を指に出すと、指でリンダの目を突く。 老いた女がたじろぎ、腕の締め付けが緩むと、アッシュは顔に肘打ちを食らわせて後ろに突き飛ばした。
アッシュは転がりながら床のナイフを握った。 リンダの胸にナイフを突き立てようとしたその時、アッシュは動きを止めた。
アッシュの頭には他にもっといい考えがあった。

アッシュはリンダの喉元にナイフを突きつけた。
おい悪魔、取引といこうぜ。お前を殺さないでやるから、俺を仲間の所に戻せ。
悪魔は取引に応じた。

呪文を唱え始めたリンダは、後に続いて繰り返すよう言ったが、アッシュはうまく唱えることができなかった。
何も起こる様子がないので、アッシュは悪魔を脅す。悪魔は、アッシュの発音が悪いせいだと反論して責めた。
シュメール語でのやり取りが繰り返された後、後ろのシャワーからシュッという音が聞こえてくる。
濡れたタイルが黒ずみ、パイプが破裂した。 汚い水が噴き出し、シャワーカーテンが揺れ、使用済みのトイレットペーパーが悪魔を飲み込んでいく。
アッシュはロッカーのドアにしがみついたが、アッシュの指はドアからずるずると滑っていく。

クソッタレ―

アッシュはうつ伏せの状態でエンティティの世界に落ちてきた。
口に入った芝生の草をペッと吐き出す。アッシュは起き上がり、いつの間にか着ていた乾いた服を手で払う。
あたりを見回すと、アッシュの顔から笑みが消えた。 この世界では2つのことが明らかだったからだ。
まずは見渡す限りバーが1つもない。そして2つ目は、ショットガンとチェーンソーが必要になりそうだったが、そのどちらも手元になかった。
前方にある点滅する光に向けてアッシュが歩きだすと、木々を揺らすように叫び声が聞こえてきた。

イカすぜ。

During a weekend at a cabin with friends, Ash Williams uncovered the Necronomicon Ex-Mortis (The Book of the Dead) and awoke something dark in the woods.
Evil possessed his friends, whom he was forced to kill, and his right hand, which he sawed off.
For the next thirty years, Ash ran from his past, working at a Value Stop department store and seducing women in dive bars.
But he screwed up one night while being high, when he read from the Necronomicon to impress a woman.
Evil found him once more, wrecking the life of those around him.
But his co-workers, Pablo who was raised by a shaman and Kelly who was orphaned by the Deadites, helped him put up a fight.
While battling Evil, Ash was reunited with his long-lost daughter Brandy, who encouraged him to embrace his role as saviour of humanity.
After a terrible fight with a fully formed demon, Ash, drawing his last breath, was taken by the Knights of Sumeria and transported into the future.

Ash wakened to a voice, his head throbbing.
Since defeating a gang of Deadites a weak ago, he had been in a perpetual state of hangover.
He heard the voice once more; a woman singing, sensual and inviting.

Stepping into the corridor in his boxers, he strode towards the voice, which lead to the public locker room.
As Ash pushed open the door, the singing stopped. There was a rustling of curtains.
He called out, entering the change room. His voice reverberated on the mouldy tile walls.
He pressed on, reaching a shower that was still dripping wet. Cold, humid fingers ran down his bare back.
He turned around.

A woman stood naked, her skin glistening in the morning light that streamed in from high windows.
Ash recognised her instantly: Linda Emery, one of his former high school flings.
They had gotten back together years later, while saving their home town from Evil.
He had ended their relationship soon afterwards, preferring to indulge freely in his new-found popularity.

Linda winked at Ash, who closed the distance between them. He caressed her cheek wistfully:
What was she doing here? Did she know anything about the whereabouts of her daughter? And Pablo and Kelly?

A sharp blade dug into his hand, making him jump back.
Linda slid a finger across the edge of her blade, collecting Ash's blood on her fingertip.
She smiled, and her skin shrivelled, her hair faded, her shoulders stopped, and her curves sagged, ageing decades older in a matter of seconds.
She attacked Ash, who poorly managed to block, being half-naked.

Every blow she delivered earned him a new wound. She slashed his bad knee and he fell to the floor.
As she jumped on top of him, Ash shrieked in disgust, knocking the knife out of her grasp.
Her varicose hands wrapped around his neck, strangling him.
Gasping, he outstretched his arm, hand landing on a soap dispenser.
He spurted out some liquid on his fingers and poked her in the eyes. The elderly woman winced, weakening her hold, and Ash elbowed her in the face, knocking her back.
He rolled over and grabbed the knife on the floor. Just as he was about to plant it in her chest, he stopped.
There was something else he wanted more.

He pressed the blade against her throat.
Let's make a deal, demon. In exchange for not killing you, you portal me back to my friends.
The demon agreed.

She began reciting the incantation, instructing Ash to repeat after her, which he failed to manage.
When nothing happened, Ash threatened the demon, who argued back, blaming his poor pronunciation.
Their combined exchange of Sumerian words triggered a hiss from the shower behind them.
The wet tiled floor darkened, and the pipes burst. A whirlpool of dirty water, shower curtains, and used toilet paper swallowed the demon,
while Ash held onto a locker door, which slowly slipped from his fingers.

FFFUUUC-

Ash landed flat on his chest in the Realm of The Entity, sputtering grass.
He got up, brushing off the dry clothes he suddenly had on.
Then he looked around and his grin fell. It was the kind of place that made two things obvious:
one, there wasn't any bar for miles, and two, he was going to need his shotgun and chainsaw, both of which he lacked.
As he started to walk towards a glinting light ahead, a scream rippled through the trees.

Groovy.

原文 - Dead by Daylight公式


アシュレイの解説

アシュレイはピンチをチャンスに変えるパークが揃ったキャラクターです。

例えば「英雄の奮起」というパークは、味方の代わりにキラーの攻撃を受ける事によって、キラーの攻撃を一回防ぐ効果あったりします。

その他にも、瀕死状態の回復進行度の半分をもがき進行度に変換することができたり、仲間の回復進行度をある程度把握でき、治療してあげ起き上がると同時にキラーのオーラが見える能力を持ってたりします。

若干クセのあるキャラクターですが、パークの組み合わせによっては結構強いかな?という感じです。

もうひと踏ん張りすることができるパークが揃っているので、チェイスが得意でまだまだ戦いたいという人にはおすすめかもしれないです。

アシュレイの固有パーク「フリップ・フロップ」「ベルトを締めろ!」「英雄の奮起」の説明

パーク名 効果
フリップ・フロップ 瀕死状態での回復進行度の50%が、殺人鬼に担がれた時のもがき進行度に変換される。最大変換量はもがきゲージ全体の40・45・50%分。
○レベル30以上でティーチャブルパークが出現
ベルトを締めろ! 最大48メートルまでの距離で、瀕死の生存者の回復進行度がそのオーラの強さで判別できる。あなたが瀕死状態の生存者を負傷状態にまで回復させると、回復した生存者とあなたの双方に4・5・6秒間、殺人鬼のオーラが見える。
○レベル35以上でティーチャブルパークが出現
英雄の奮起 味方の代わりに殺人鬼の攻撃を3回受けるとパークが発動する。パーク発動中は攻撃を受けても負傷状態から瀕死状態にならない。次に完全に回復すると、殺人鬼から12・14・16メートル以上離れている場合に自分のオーラを殺人鬼に探知される。パークはあなたが次に瀕死状態になったときに無効化する。また、オブセッション状態になる確率が上昇する。
○レベル40以上でティーチャブルパークが出現


フリップ・フロップ

フリップフロップは、瀕死状態になった時の治療ゲージを溜めれば溜めるほどもがきゲージに変換してくれるというパークです。

這いずり放置をしてくれれば、治療ゲージを貯めることができるので、他サバイバーの協力があれば結構有用なパークかもしれません。

最大まで溜めた状態でキラーに担がれれば、フックがよほど近くない限りキラーの腕から脱出することが出来ます。

また「執念」や「不滅」、「ボイルオーバー」と併用すると更に使いやすくなるのでおすすめです。

ベルトを締めろ!

「ベルトを締めろ!」は、近くに倒れている味方の生存者の治療ゲージをオーラの進行度で判別が可能となるパークです。

また、自身が瀕死状態から負傷状態まで治療を行えば、治療したサバイバーと自身が殺人鬼のオーラを数秒間可視化することも可能です。

ちなみに、倒れている生存者のオーラは進行ゲージが0の場合は「赤色」で表示されます。

そこから、治療ゲージが進行すればするほど色が薄くなるのでイメージとしては

赤色 → ピンク → 白

という感じで変化するので、ある程度色が薄くなって、キラーが近くにいないのであれば助けに行ってあげましょう。

英雄の奮起

「英雄の奮起」は、キラーの攻撃を三回受けると、次に負傷状態から瀕死状態になる時に無効にする力を持つパークです。

無効化は結構キラーにとってはうざいパークなので、うまく使えると良いですね。

通常攻撃を受けるとパークのアイコンのゲージが進行し、最後まで行けば使用可能です。

ただ、次の瀕死状態になるまでキラーには場所が丸見えなのがデメリットですが、それを補うほど強いパークだと思います。

これは、決死の一撃やデッドハードなどと合わせると強いパークですね。

あと注意しないといけないのが「キラーの通常攻撃」なので、ヒルベリーのチェンソーであったりキラーの特殊攻撃を受けてもこの効果は発動しません。

・ヒルビリーのチェーンソー
・リージョンの狂奔攻撃
・カニバルのチェーンソー
・ハントレスの斧
・ピッグの奇襲攻撃

などが特殊攻撃に入るので、使用の際は気を付けましょう。

まとめ

アシュレイはピンチをチャンスに変えるパークが揃っており、特に「英雄の奮起」は使いようによってはかなり強いパークですね!

キラーにとってはかなりの天敵になりうるキャラクターじゃないでしょうか。

他にもキラーに担がれた際に脱出しやすい「フリップ・フロップ」などもあり、パークの構成幅が広がるのが良いですよね。

そして、最近知ったのですがたまにロビーで海外の方がしゃべってるなと思ってたのですが、このキャラが喋ってるらしいですね笑

こういった新しいパターンも面白いなーと思いました。ではでは。



おすすめ記事一覧

1

最近ボス装備の強化にはまっています。先週はベグのグローブ、今日は愚鈍な木の精霊の鎧を真Ⅳまで強化成功しました。ベグがスタック76、愚鈍はスタック105で完成しました。 こんな感じでさくさくとボス装備を ...

2

2019年9月4日のアップデートで「生活熟練度システム」が実装されました! 私も今回のアップデートから生活熟練度システムについて色々と調べてみましたが、最初は何が何だかわかりづらいですよね笑 なので、 ...

3

去年の10月くらいに30億突破したという記事を書きましたが、今年の5月始め頃に120億突破しました! 以前の記事→ 祝☆30億達成!ひめがやっている金策を紹介します 一応目標で100億突破するぞーいっ ...

4

新エリア「ドリガン」に新しい採集コンテンツが実装されましたね!専用の装備を使って採集できるんですが、最大でなんと1億シルバーで売ることができます。 私も普段は生活コンテンツをメインに遊んでいますが、こ ...

5

皆さま、釣り竿は何を使っていますか?黒い砂漠では様々な釣り竿がありますが、私は断然バレノス釣り竿推しです。 というのは、バレノス釣り竿の性能もそうなんですが、実は金策にも良いって知ってましたか? 私も ...

6

オクトーバーフェスや闇の精霊すごろくといった公式イベントや素材や道具売りを細々とやっていたら、今日30億達成しました! 以前に戦闘用ソサ子にダンデリオンデスサイズ真4、クザカ護符真3、ヌーベルタリスマ ...

-サバイバー, デッドバイデイライト

Copyright© 姫の冒険の書 , 2019 AllRights Reserved.