サバイバー デッドバイデイライト

【DbD】ケイト・デンソンの特徴やパークを解説しました!【デッドバイデイライト】

更新日:

ケイト・デンソンはキラーとのチェイスに特化したパークを持っています。

足跡を消してキラーを撹乱したり、窓や板の位置を正確に把握しチェイスをする。

そして捕まった時もキラーの思い通りには行動させないようなパークが揃っています。

今回はそのケイトの人物紹介や特徴、パークや解説などをしていきたいと思います。





ケイトの説明

(説明や人物紹介を見たい方は下記ボタンをクリックしてください)

ケイトの背景、人物紹介はこちら

差し込む光が、この寒冷な灰色の地を照らしていた ――光は女性を象っていた。
私が彼女に出会う前に聞いたその声は、何度か耳にしていた木々の間を吹き抜けて届くそれよりも美しかった。
悲しみの方が似合うこの陰気な場所で、彼女は希望と家族の歌を歌った。
彼女の暖かな微笑みは彼女と一緒になった者を焚き火で迎え入れ、
彼らは僅かな時間、彼らのいる領域を忘れることができた。

彼女が友人を作るのと同時に、私は彼女との交流が誤りではないかと感じた。
このような場所で前向きで陽気で居続けるのは、鋼鉄の意志が必要だった。
あるいは日の光ではなく、雷光だったとすれば―――。
その眩い光と強大な力は世界を二分にさえするだろう。

A ray of sunshine illuminated this cold and gray place - a ray in the form of a woman.
I heard her before I saw her, a voice, more beautiful than I had encountered in some time, came drifting through the trees.
While a lament might have been more suited to this sepulchral locale, she sang a song of joy, of hope and family.
Her warm smile greeted any that joined her at the campfire and,
just for moment, they were able to forget which realm they inhabited.

As quick as she was to make friends, I got the feeling that to cross her would be a mistake.
To remain so positive and upbeat in such a place would require a will of iron.
Perhaps less a ray of sunshine then, but a bolt of lightning?
Brilliant light and great power that could split the world in two.

原文 - Dead by Daylight公式

ケイトの人物紹介

ケイト・デンソンが覚えている一番古い思い出は、家族の前に立って、
その日に学校で習った歌を歌いながら、みんなの顔に笑みが広がるのを見ていたことである。
歌のように単純なもので人を幸せにできると知ったその時、彼女は人生で何をやりたいのかを心に決めた。

ギターを持てる年になると、彼女はすぐに練習を始め、
8歳の時にはすでに観客の前で演奏していた。
ケイトの母は、地元のペンシルベニア州の各地、さらにナッシュビルを含む南部の至る所まで彼女を連れてゆき、
彼女の夢をかなえるためにできる限りのことをした。

ケイトは参加したフォークミュージックのコンテストやアマチュアのコンクールなどでことごとく優勝するが、
彼女が勝つということは負ける者がいるということであり、それは彼女の求めるものではなかった。
彼女が求めていたのは自分を表現する場であり、人々の人生に触れるための手段だった。
少しの間でも、みんなに日々の心配事を忘れてもらい、楽しい時間を過ごしてほしかったのである。

成長したケイトは新しい自由を手に入れる。
おんぼろの古いシェビーの軽トラックを買ったケイトは、一人で旅に出て、
さまざまな場所でファンと出会ったり、新しい友人を作ったりした。
ただ、彼女の旅はロックスターのようにグラマラスではなく、ドライブとギターと、一日を締めくくるバーボンといったものだった。

太陽が照り付けるフェスティバルから、薄暗くこじんまりしたバーまで、人々は彼女の友情、家族、愛、故郷についての歌を聴くために集まった。

それらの歌に込められた気持ちは口先だけのものではなく、彼女はできるだけ家族のもとに帰り、
地域のために援助活動を行い、より広い世界についての経験談で地元の子供たちを楽しませた。
彼女はそれを、自分が援助されてきたように他人も援助できる、お返しの方法だと感じていた。

ケイトの故郷は彼女のインスピレーションの源でもあった。
彼女は町の周囲の森の中を歩くのが好きで、
踏みならされた道から外れた静かな場所でギターを弾き、歌を書いていた。
特に何度も通うお気に入りの場所があり、
そこはまるで何千年も前に岩がくり抜かれたかのような、今は木で囲まれた空洞だった。

そこで、ケイトは自然、そして地球そのものと強いつながりを感じた。
自分の心を森に包み込ませることで、彼女は絶え間なくインスピレーションを受け取った。

ケイトはギターを手に取り、フレットボードの上で指を踊らせるように演奏した。
それは彼女らしい、高揚感のある曲ではなく、もっと物悲しい、陰惨ですらあるものだった。
それでも、彼女は何かに駆り立てられるかのように、最後までその曲を弾き続けた。

ケイトの周りでは、ギターの弦と同調するかのように木の葉が震え、木々の大枝が伸びて融合し、一つの生命体へと変貌した!
木々の天蓋から蜘蛛の脚のようなものが、彼女を捕まえようと降りてくる。
我に返ったケイトは石をつかんでそれを撃退しようとするが、
その皮膚は鉄のように硬く、石は簡単にはじき返されてしまう。

その脚はツルのようにケイトの手足に巻き付き、彼女を頭上の闇へと引き上げていく。
流れ込んできた霧のせいで、ケイトも、彼女を自分の方へ手繰り寄せる悪夢の生命体もはっきりと見えない。

霧が晴れた時、そこには争った跡も、生命の形跡すらもなかった。
あるのは真珠母貝の張られたピックガードに、花の模様と"KD"というイニシャルが刻まれているアコースティックギターだけだった。

One of Kate Denson's earliest memories was standing in front of her family,
singing a song that she'd learned that morning at school, and watching smiles spread across their faces.
Seeing how something as simple as a song could make people so happy was the moment when she knew what she wanted to do with her life.

She practised, learned the guitar as soon as she was big enough to reach over it,
and was performing in front of crowds by the time she was eight years old.
Her mother did everything she could to fulfil Kate's dreams,
taking her all over their home state of Pennsylvania, then across the South, and even to Nashville itself.

Kate won folk music competitions and talent shows whenever she participated,
but for her to win others had to lose, and that wasn't in her nature.
She only wanted an outlet, a way to touch people's lives.
To make them forget the worries of the world and just enjoy themselves, if only for a while.

With age came a new-found freedom.
She bought a battered old Chevy truck and was able to travel around by herself,
meeting fans and making new friends wherever she stopped.
Hers wasn't a story of rock excess though: just the road, her guitar and maybe a good bourbon to end the day.

From sun-baked festivals to dark and cosy bars, people flocked to her voice and her self-penned songs of friendship, family, love and home.

These sentiments weren't just lip-service: she made sure to return home as often as she could,
to help out in her community and entertain the local children with her tales of the wider world.
She saw it as a way of giving back, of supporting others in the same way she had been.

It was home where she found most of her inspiration as well.
She had always loved to take long walks in the woods around her town,
exploring off the beaten track, finding a quiet spot to play and write her songs.
She had a favourite location she returned to time and time again,
a natural hollow, encircled by trees, that looked almost as if it had been blasted out of the rocks thousands of years ago.

Here she felt a strong connection to nature, and to the Earth itself.
She let her mind be enveloped by the forest and it rewarded her with constant inspiration.

She picked up her guitar and played, her fingers dancing across the fretboard.
The music that she made this time was unlike her usual uplifting tunes, being much more melancholy, even dark.
Still, something compelled her to continue, to finish the song.

Around her, the leaves vibrated in unison with the guitar strings and the boughs of the trees lengthened, coalescing into a living form.
Spider-like legs descended from the canopy above, grasping for her.
Regaining her senses, she grabbed a rock and tried to beat them back,
but their skin was hard as iron and the rock simply bounced off and skittered away.

The legs coiled like tendrils around her limbs and lifted her towards the darkness overhead.
Fog rolled across the clearing, obscuring both Kate and the creature of nightmares that drew her up towards itself.

When the fog cleared, there was no sign of any struggle, or of life.
Just an acoustic guitar, the scratch plate engraved with flowers; as well as the initials KD, inlaid in mother of pearl.

原文 - Dead by Daylight公式


ケイトの解説

ケイトは女性で、地味な服もあるので隠密もいけないことはないですが、良い感じの衣装や固有パークからチェイスに専念した方が活かせるキャラクターです。

障害物やロッカーから飛び出した時に足跡を残さない「ダンス・ウィズ・ミー」。

20m以内の板・窓のオーラを表示し、的確にチェイスができる「ウィンドウズ・オブ・オプチュニティ」。

キラーに担がれても抵抗がしやすい「ボイルオーバー」。

チェイスをしつつ、撒いたり、倒されても足掻けるパークが揃っているので、チェイスをたくさんしたいという人にはおすすめなキャラクターです。

基本的には、チェイスを引き受けてあげて他のサバイバーに安心して発電機を修理させるプレイスタイルが良いでしょう。

ケイトの固有パーク「ダンス・ウィズ・ミー」「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」「ボイルオーバー」の説明

パーク名 効果
ダンス・ウィズ・ミー 障害物を越えたりロッカーから飛び出した時、3秒間足跡を残さない。このパーク効果が発動すると再使用に60・50・40秒かかる。
○レベル30以上でティーチャブルパークが出現
ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ 20m内の板・窓のオーラを常に表示する。追跡中に板・窓を使用した場合、30・25・20秒間効果が発動しない。
○レベル35以上でティーチャブルパークが出現
ボイルオーバー 担がれ時にもがきの揺れ効果(※)が25・50・75%増加する。殺人鬼の10・12・14m内にあるフックのオーラを消失させる。
○レベル40以上でティーチャブルパークが出現


ダンス・ウィズ・ミー

「ダンス・ウィズ・ミー」は障害物の飛び越えやロッカーから飛び出した時に、キラーから足跡を見えなくするパークです。

メグの固有パーク「素早く静かに」や、フェンミンの固有パーク「しなやか」と組み合わせて使うことで、チェイス中に窓枠を飛び越える事で何も形跡を残さないことができるので、キラーを撒くことができます。

しかし、これ単体だとあまり効果がないので、組み合わせられそうなパークがないのであればつけなくても大丈夫です。

ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ

「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」は、20m以内にある板や窓枠の位置が見えるようになるので、どうチェイスすればいいかを簡単に判断することができるパークです。

特に初心者にもおすすめで、最初はマップのどこに板や窓枠があるのか把握しきれていないので、最初はこのパークを使いマップを覚えるのもアリだと思います。

建物などの窓はランダムなので毎回見る必要がありますが、こうゆう場所も飛び越えられるんだとか、ここにパレットが置いてあるのか、といったのが分かりやすいので、チェイスで板とか窓枠をあまり使えてない初心者サバイバーはぜひ使ってみましょう。

ボイルオーバー

「ボイルオーバー」は、キラーに担がれたときに揺れ幅を大きくするパークです。

揺れると意外とフックまで吊るしにいくのが大変で、場所によっては永遠とフックに吊るされない場合も。

しかし、もがく時間が別に早くなる訳でもないので大半は刺さらない場合が多いです。

そしてキラーも担いでる時に抵抗を少なくするパークなどもあるので、それをつけているキラーには意味がないですね。

パークの組み合わせによっては強くなりますが、これをつけないでチェイス時に活躍するパークをつけるとよりいいのかなと思います。

まとめ

ケイトはチェイスに特化したパークが揃っていますが、もうちょいでキラーを撒けそうなんだけど良いパークがないか・・・とかのレベルまで、いった段階で育てればいいなーと思うキャラクターです。

優先順位は低いので、チェイスをしたいならメグなどを先に育てましょう。

育成が終われば、全力疾走と素早く静かになどを身につけられるので、それでケイトをやるとチェイスに特化した良いパーク構成でゲームができますよ!



おすすめ記事一覧

1

最近ボス装備の強化にはまっています。先週はベグのグローブ、今日は愚鈍な木の精霊の鎧を真Ⅳまで強化成功しました。ベグがスタック76、愚鈍はスタック105で完成しました。 こんな感じでさくさくとボス装備を ...

2

2019年9月4日のアップデートで「生活熟練度システム」が実装されました! 私も今回のアップデートから生活熟練度システムについて色々と調べてみましたが、最初は何が何だかわかりづらいですよね笑 なので、 ...

3

去年の10月くらいに30億突破したという記事を書きましたが、今年の5月始め頃に120億突破しました! 以前の記事→ 祝☆30億達成!ひめがやっている金策を紹介します 一応目標で100億突破するぞーいっ ...

4

新エリア「ドリガン」に新しい採集コンテンツが実装されましたね!専用の装備を使って採集できるんですが、最大でなんと1億シルバーで売ることができます。 私も普段は生活コンテンツをメインに遊んでいますが、こ ...

5

皆さま、釣り竿は何を使っていますか?黒い砂漠では様々な釣り竿がありますが、私は断然バレノス釣り竿推しです。 というのは、バレノス釣り竿の性能もそうなんですが、実は金策にも良いって知ってましたか? 私も ...

6

オクトーバーフェスや闇の精霊すごろくといった公式イベントや素材や道具売りを細々とやっていたら、今日30億達成しました! 以前に戦闘用ソサ子にダンデリオンデスサイズ真4、クザカ護符真3、ヌーベルタリスマ ...

-サバイバー, デッドバイデイライト

Copyright© 姫の冒険の書 , 2019 AllRights Reserved.