コアキーパー

【コアキーパー】ドリルを使って鉱石稼ぎをしよう。ドリルの作り方と使い方。

更新日:

どーも、ひめです。

コアキーパーで探索中に鉱石の塊があって、掘ろうとしたら「硬いからドリルが必要だよ!」みたいな英文で怒られたことはないですか。

デモ版の時に私も見つけましたが、その時はドリルまでは未実装だったので試すことはできませんでした。

しかし、正式にゲームがリリースされてからスカーレット鉱石という新しい鉱石が実装され、ドリルが作れるようになりました!

今回はそのスカーレット鉱石を使って作れるようになった「ドリル」の作り方と使い方を紹介していきたいと思います。

(ちなみにスカーレット鉱石の獲得方法は下記の記事で紹介しています)

【コアキーパー】スカーレット鉱石とスカーレットインゴットの入手方法と使い道!【Scarlet ore/bar】

ドリルの作り方

まずドリルを作るにはスカーレット作業台が必要になります。スカーレット鉱石を集めたいのであれば、下記記事を参考にしてみてください。

【コアキーパー】スカーレット鉱石とスカーレットインゴットの入手方法と使い道!【Scarlet ore/bar】

無事スカーレット鉱石を手に入れてスカーレット作業台を作れたら、次にクラフティングからオートメーションテーブルを作成します。

オートメーションテーブルから今回の目的だったドリルを作ることが出来ます。

ドリルを動かすのに必要なもの

ドリルは作れたと思いますが、ドリルだけでは鉱脈から鉱石を取ることが出来ません。

動力が必要になるのでそれを作る必要があります。

鉄の作業台からエレクトロニクステーブルを作り、その中にある発電機(electricity generator)を作りましょう。

発電機をドリルの近くに置けば、ドリルを動かすことができます。

ドリルの使い方。全自動で鉱石からインゴットに変換しよう。

発電機とドリルを使って鉱脈から鉱石を掘れるようになりましたが、これだけではまだ快適に鉱石稼ぎが出来るとは言えませんね。

他のアイテムを使うことにより、鉱脈の鉱石(1500個ぐらい?)が尽きるまで、全自動でインゴットまで作る装置を作ることが出来ます。

必要なものは下記の通り。

  • 発電機 x 1(エレクトロニクステーブルから作成可能)
  • ドリル x 8(オートメーションテーブルから作成可能)
  • ベルトコンベア x 16(オートメーションテーブルから作成可能)
  • エレクトリカルワイヤー x 4(エレクトロニクステーブルから作成可能)
  • ロボットアーム x 1(オートメーションテーブルから作成可能)
  • 溶鉱炉 x 1(銅、錫、鉄は基本の作業台、金、スカーレットは鉄の作業台から作成可能)

各アイテムを集め、下記のような配置に設定すると鉱脈から鉱石を採掘し、ベルトコンベアで流しながら、溶鉱炉まで運んでくれる仕組みが完成します。

基本的に画像のように配置すれば問題なく動くはずです。

注意したい点としては、発電機の上部、ベルトコンベアの下にエレクトリカルワイヤーを設置してロボットアームまで動力を持ってくる必要があります。

ベルトコンベアから運ばれた鉱石をロボットアームが掴んで、後ろに設置してある溶鉱炉まで自動で運んでくれます。

鉱脈がなくなるまで放置して回収すればまとまって鉱石を回収することができますよ!









-コアキーパー

Copyright© 姫の冒険の書 , 2022 AllRights Reserved.